忍者ブログ
兵庫県 西脇市で整体を職としつつ、 猪木さん曰く『元気があれば、何でもできる!!』と、 体の健康、心の健康を大切に、 色々なことにチャレンジしていくブログです。


芦北町を出て天山まで85キロ爆走しました。(お疲れ~)

途中、二つ目のトンネル。赤松隧道ってトンネル内の出来事です。

長い上りのトンネルなので例によって、押して上りました。

入って30メートルぐらいでしょうか?

急にリュックが ”ズドン”と重くなり、何かに引っかかったのかな?

と思い、見渡すけど引っかかるものなんてあるはずもなく、

霊?って思いました。

私は、霊感なんて全くないのですが、重さからして子供の霊?

なんて思っちゃいました。

それで”重いから下りてくれる?ここまで来るの大変やってんで。”

”ちょっとは下りて手伝って。”って言うと”すぅ~”っと軽くなりまし

た。でも、またしばらくすると、”ズドン”。

”そんな、人の嫌がることばっかりしてるから、こんなトンネルの中にず

っとおらなあかんねんで。ほら、下りて手伝って”と言うと、

今度はリュックの真ん中辺りに重みを感じました。

”違う、違う。”後ろから押して。”

またリュックの上から”ズドン”

”もぅ~重いっちゅうねん。”

さらに”ズドン”。

”え~、もう一人おるんか?”

”もう、しゃあないな~。トンネル出るまで遊んだるわ~。”

てな感じでトンネル出口付近まで続いた。

不思議なことにトンネルを出るとリュックは軽くなった。(そう言っても

重いけどね)

”バイバイ”って言っといた。

夜のトンネルでこんなことが起きたら、小便ちびってしまいそうですが、

妙に冷静に対処していた自分がいました。

この不思議なことは、ただの僕の勘違いだったかもしれませんが、

ほんとに感じたことなので、書いてみました。


拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック